このページの先頭です

転職活動の時期|在職中・退職後の活動メリットとデメリット

473views

投稿日:

在職中なら焦らずに転職が出来る

在職中に転職活動をすることには、焦らないで転職が出来るというメリットがあります。どうしても、退職してから転職をすると、転職がなかなか決まらなかった場合にすごく焦るようになってしまいます。退職してから転職活動をするということは、その時期は無職だということになります。

その無職の時期が長くなって焦らない人はあまりいないのではないでしょうか?求職中とはいえ、周りの無職に対する目はすごく不快なものですし、自分としても収入源がない状態では不安で不安で仕方なくなるでしょう。なので、どうしても焦ってしまうものなのです。では、焦ることは転職活動にどのように影響を与えるでしょうか?

焦ってしまうとどこでも良くなる

焦って転職活動をすると、もう雇ってくれるところであればどこでも良くなるでしょう。とにかく早くその状態から脱したくて仕方なくなるのです。でも、そうして焦ってどこでも良いから入りたいと思って入った会社で、以前いたところよりも満たされるという可能性はかなり少ないと言えるでしょう。

じっくり吟味して、そこで働きたいと思って入るわけではないのですから、当然全然満たされないのです。それでは転職する意味もあまりなくなるでしょう。在職中に転職活動をすれば、まずそうなることはありません。自分で心行くまでじっくり選ぶことが出来るわけですから。それが、在職中に転職活動をするメリットであり、退職後に転職活動をするデメリットになります。

退職後の転職活動のメリットは?

では逆に、退職後に転職活動をすることのメリットはどこにあるでしょうか?退職後に転職活動をすることのメリットは、何よりも時間があるので、転職活動自体がやりやすいという点にあるでしょう。転職活動にはタイミングも大切です。たとえばこのタイミングで面接に来てほしいと言われて、そのタイミングで今の仕事が忙しくてうかがうことが出来なかったら、その時点でほかの方に決まってしまう可能性もあるでしょう。

そうしてタイミングを逃していたら、なかなか話は進みません。でも、退職後であれば時間はたっぷりあるのですから、時間が合わないということはまずなくなります。確実に時間を合わせることが出来るでしょう。だからチャンスを逃すことはなくなります。それが、退職後の転職活動のメリットであり、在職中の転職活動のデメリットと言えます。

在職中の転職活動のデメリットには対処法もある

在職中の転職活動のデメリットには、対処方法もあります。それが、転職エージェントを利用するという方法です。転職エージェントでは、コンサルタントが相手方の企業と上手く面接日程などのやり取りをしてくれるので、あまり時間がなくてもタイミングを合わせることが可能になるでしょう。

そうしてそのタイミングを合わせることが出来るのであれば、在職中の転職活動のデメリットがなくなるので、在職中に転職活動をしない理由がなくなります。

退職後の転職活動にはもう一つメリットが

ただ、退職後の転職活動にはもう一つメリットがあると言えます。それが、確実に転職が出来るという点です。在職中に転職活動をしていると、なかなかうまくいかなくて、もう今の会社でいいやと思ってしまうこともあるでしょう。準備が上手く出来なかったり、あるいは資格や職歴等が弱かったりして、転職エージェントのコンサルタントの力をもってしても上手く転職が決まらないこともあるでしょう。

そうなると次第に心が折れてきて、もう今の会社で良いやとなるのです。でも、退職後に転職活動をすると、すでに退職しているわけですから、いつまでもその状態でいるわけにはいかず、いつかは必ず転職することになるでしょう。なので、とにかく確実に転職したいのであれば、退職後にした方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です