このページの先頭です

転職時期はいつが良い?求人数が増える月、減る月とは?

578views

投稿日:

転職活動を行う際には、そもそも「求人」がないと何も活動ができません。この求人は時期によって数が増減するタイミングがあります。

企業が求人を出す理由の多くは以下のようなタイミングです。

  • 退職者が出て補充する場合
  • 新しい事業を始める場合
  • 拠点を増やすなど既存事業に投資する場合


つまり、こういった時期には「求人数が増える」傾向にあります。また、中途採用を行うためには「予算」も必要ですので、予算を抑える決算期は求人数が減りやすい傾向もあります。

こういった求人の増減のタイミングに合わせて転職活動を行うのも、転職成功の秘訣です。ここでは、転職活動を行うべき時期について紹介します。

企業の動向によって影響が出る月別の求人活動

企業の年間の流れを把握しておこう

業種によって多少の違いがありますが、1年を通していつも同じように求人を出している企業は少ないものです。狙っている業種や企業の年間の事業の流れをきちんと頭に入れておきましょう。

最低限、求人の増減に影響がある以下の項目については把握しておきましょう。業界別で異なることがあるので注意が必要です。

  • 年度計画が決められる時期
  • 決算期
  • 新卒採用時期
  • 業界の繁忙期


人手が足りなくなり補充を必要とする時期、逆に補充の必要がなくなって求人が出にくい時期などがあります。

当然、新しい働き手を必要としている時に転職活動を行ったほうが成功率が上がりますので、そこを見極めて退職を計画したり、資格取得の勉強を始めるなど準備をしておくのが賢明です。

前もって転職エージェントやコンサルタントに登録をしておき情報収集を怠らないようにし、応募のタイミングを逃さないようにしなければなりません。

中途採用の求人数が比較的多くなるタイミング

転職活動のしやすさという点から月別に変化を見てみると、一般的に転職に適している時期は以下の通りになります。

  • 1,2,3月:新年度の4月に向けて求人が急増する
  • 5,6,7月:組織改変の影響が落ち着き退職者の補充のために求人募集が出やすくなる
  • 9,10,11月:下半期が始まり戦力補充のための人員を必要とする


新人と共に研修を受けられて職場にも馴染みやすいという理由から、新年度開始となる4月に仕事が始められるように1月から3月は転職を希望する人が多くなります。

また、企業側も新年度に向けて大幅な組織改変を行い新卒と共に中途採用を増やしますので、求人を探しやすくなる時期です。業種未経験者でも応募がしやすいタイミングになります。

また、一度新しい人材を入れて落ち着いた後、5月から7月には組織改変によって出た退職者の補充のための求人が増えます。特にボーナスが出た後に退職する人が多いため狙い目です。さらに下半期開始前後で組織が安定している9月から11月は、即戦力を求めて採用枠を広げる時期になります。

中途採用活動が若干停滞するタイミング

逆に転職しづらくなってしまうタイミングは以下の通りです。

  • 4月:新年度の始まりで新人の育成に入る
  • 8月:夏季休暇やお盆休みで企業活動が停滞する
  • 12月:繁忙期で求人を見送りやすい


4月は3月に退職をした人の分の穴埋め求人が出る程度で、ちょうど新年度から入ってくる新卒と中途採用が決まった後になるため一時的に求人を打ち切ることがほとんどです。また、8月は長期休暇がある時期になりますから、あまり積極的に人員募集が行われない傾向にあります。

12月に関しては年末に繁忙期が重なる企業が多いことで求人をあまり出しません。なおかつ転職者も現職が忙しくなるタイミングですから、仕事探しを休止するかたが多くなります。

いつ転職活動を行うのがベストか?

転職活動をスムーズに進めるには、やはり中途採用の求人が豊富な時期がいいでしょう。ただ、そのタイミングは転職活動者自体が増え始めるため、求人でバッティングすることが増えます。

では、どういった時期に転職活動を始めればいいのでしょうか?

求人の増え始めを狙うのが基本

転職活動を始めるのは、求人が多くなる時を狙うのが基本になります。また、転職活動は最低でも1ヶ月程度はかかり、退職交渉なども含めるとどんなに順調でも次の会社に入社するのに2ヶ月は掛かることがほとんど。

とくに新年度開始の4月から仕事を始めたい場合には年始から2月、そして下半期が始まる10月に新しい職場に移りたい場合には6月から7月がおすすめです。

転職エージェントやコンサルタントを有効利用し、他の人よりも少し早めに行動を起こしてスタートダッシュを図るようにしてください。

求人が多くなるということはそれだけライバルが増えるということです。条件のいい求人はすぐに埋ってしまいますから、競争が激化する前に準備を万端にして転職活動に望みましょう。

あえて求人の少ない時期を狙うのもあり

求人数が多い時だけが好機とは限らないものです。求人が出にくい時期に出ている募集は退職者の穴埋め人員として経験者を優遇するケースが多く見られます。同業種への転職の場合は、求人数の増減によるタイミングにはこだわらずに転職先を探すのもおすすめです。

早く選考が進んであっという間に仕事先が決まるということもあります。いずれにしてもいつでも行動を起こせるように、転職活動の準備をしっかりと行っておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です