このページの先頭です

たくさんある転職エージェントの失敗しない選び方は?

524views

投稿日:

転職エージェントはどこも同じでは無い

転職エージェントはどこも同じでは無く、サービス内容や質など様々な違いがあります。転職時期が来た際、適当に選んでしまうと失敗することがあるため、自分に合った転職エージェントを選びたいところです。しかし転職エージェントは全国に18,000以上あると言われています。膨大な転職エージェントから一つ一つ探していたのでは大変です。そこで絞り込みやすいよう、失敗しない転職エージェントの選び方を紹介していきます。

失敗しない転職エージェントの選び方

取扱求人数で選ぶ

転職エージェントによって取扱求人数が異なります。少ない転職エージェントより、多い転職エージェントの方が広い選択肢となります。大手の転職エージェントでは10万件という求人を揃えていることがあり、希望に合った求人を見つけやすいです。非公開求人を多く扱っている転職エージェントなら、さらに失敗し難いです。転職エージェントを23社併用するとさらに選択肢が広がります。

両手型と片手型から選ぶ

転職エージェントは大まかに分けて両手型と片手型と2タイプあります。両手型は1名のキャリアコンサルタントが転職希望者と企業と両方担当するタイプです。片手型は転職希望者と企業と担当するキャリアコンサルタントが分かれているタイプです。両手型は紹介する企業について豊富な情報を持っていると言うメリットがあります。その代わりに紹介する企業の選択肢が狭まるというデメリットがあります。

片手型は幅広い企業の紹介が受けられるというメリットがあります。しかし担当が分かれているため、連携がスムーズに進まないことがあるというデメリットがあります。それは企業側の担当と転職希望者側の担当と立場が分かれるからです。企業の情報が欲しい方は両手型、幅広い企業を見たい方は片手型を選ぶと失敗し難いです。

大手総合型と地元特化型の転職エージェントから選ぶ

転職エージェントは大手総合型、地元特化型にも分かれます。大手総合型は日本全国の求人を取り扱っています。都市部から都市部へと転職したい方は此方が便利です。大手総合型は合計の求人数は多くても、地方によっては求人数が少ないことがあります。そのためUターンやIターン転職は地元特化型からも求人紹介を受けた方が失敗し難いです。

専門職の転職は業界特化型の転職エージェントを選ぶ

看護師や薬剤師、ITエンジニアなど専門職の転職に便利なのが業界特化型の転職エージェントです。大手総合型では幅広い業界を扱っているものの、専門性の高い業界だと情報が足りない場合がありました。そんな時でも業界特化型ならその業界について精通しているキャリアコンサルタントによるサポートが受けられるために安心です。特定の業界の方は業界特化型の転職エージェントを選ぶと失敗し難いです。

書類添削で選ぶ

転職する際に悩むのが履歴書や職務経歴書の書き方です。何度も転職すると有利な資格を持っていても給与が下がってしまいます。なるべく一度で転職を成功させたいところです。しかし転職は一生のうちに一回、二回だけという方が殆どです。

そのため履歴書や職務経歴書の書き方に慣れていないことがありました。そんな方でも転職エージェントでは書類添削を行っており、正しい書き方が行えるようになります。十分な書類添削を行っている転職エージェントなら失敗し難いです。

面接対策で選ぶ

面接を受けた際、何気なく答えたことが不採用に繋がることがあります。しかし殆どの転職希望者が面接に慣れていないため、答え方が分からないことがありました。そんな方でも転職エージェントでは面接対策を行っており、正しい答え方の準備が出来るようになります。

事前にシミュレーションを行うため、面接本番時に質問されたことに対しスムーズに答えられるようになります。十分な面接対策を行う転職エージェントも失敗し難いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です