このページの先頭です

勤続年数が短いのは不利?早い時期の転職を成功させるコツ

527views

投稿日:

2年以下の勤続年数では印象は悪くなる

勤続年数が短い、つまりその企業に入社してから早いタイミングで転職をしていくというのは、やはり転職において悪い印象を与えてしまう可能性が高いです。それだけ早いタイミングで退社されてしまうとなると、やはりまたすぐに退社されてしまうのではないかと思われてしまうのです。

中途で人を採用するのには、時間と手間がかかります。だから、せっかく採用してもまたすぐに退社されてしまうかもしれないと思うと、どうしても採用に踏み切ることができなくなるのです。

スキル的な問題もある

また、それだけすぐの転職となると、スキル的な問題も影響してきます。2年以内の勤続年数で退職してしまうと、どうしてもその企業でじっくりとスキルを身に着けるだけの時間はなくなります。ということは、わざわざ中途採用で新卒とたいして社会人スキル的な違いのない人を採用することになるのです。

もちろんそれでも良いという企業もあるでしょうが、多くの場合で中途採用をする企業は、採用する人にはある程度のスキルを求めています。なので、やはりそれだけ短い勤続年数で、スキルがあまりアピールできない場合、転職活動においては不利になってしまうのです。

不利を解消するためのコツ

では、どうすればその転職活動の不利を解消することができるでしょうか?

スキルアップのための転職であることをアピールする

まずできることは、その転職が、スキルアップのための転職であることをアピールするという方法です。2年以内の短い勤続年数であったとしても、その企業にいる自分以外の人たちがそこでどんな仕事をしているのかということはある程度理解できるでしょう。

そうして周りの仕事を見ていく中で、そこの企業で長い間働いていたといしても、5年後10年後にスキルアップしているイメージがつかめなく、それではやはり一人の社会人として不安なので、スキルアップのために転職を考えて、今に至る。そういう風に転職理由を述べていけば、前向きに行動ができる人物であることが伝わりますし、たとえ短い勤続年数であってもそこまで悪い印象にはならないでしょう。

ただし、これは言い方には気を付けないとなりません。前の企業をあまり悪く言うような人は、転職市場ではあまり印象が良くありません。なので、あまり前の企業を悪く言っているような印象を与えないようにしつつ、これを伝えていかないとなりません。

それはいささか難しいところでもあるので、転職エージェントのコンサルタントに相談するなどして、うまく準備をしていくのがおすすめです。転職エージェントのコンサルタントは、ただ企業を紹介してくれるだけではなく、そういう相談にものってくれるので、自分でうまく言い方が定められない場合は、頼ってみるとよいでしょう。

次の企業での長期的なプランを明かす

短い勤続年数を不利にしないためにはさらに、これから転職しようとしている企業での長期的なプランを明かすということも大切になります。スキルアップのための転職というだけでは、次の企業である程度スキルを身に着けたら、またすぐに転職されてしまうのではないかと思われてしまうでしょう。

しかし、次の企業での長期的なキャリアプランを語ることができれば、次の企業に長くいようと思っている意志を伝えることができるようになります。なので、そうした採用側の不安をなくしていくことができるでしょう。

今からでも何らかの資格を取得したり、採用活動が活発な時期に転職しようとしたりすることも確かに効果的ではあるでしょうが、こうして自分の弱点と向き合い、克服する工夫をした方がより効果的なので、是非そうして、転職の成功を勝ち取っていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です