このページの先頭です

異業種への転職成功は後悔しやすい?行動する前に頭に入れておきたいこと

710views

投稿日:

転職が頭をよぎった時、今までと違う異業種の仕事をしたいと考えることはないでしょうか?

人生一度ですので、今までと経験したことがないような仕事を探してみるのもいいでしょう。ただ、同業界・同業種への転職に比べて、難易度は年齢や経験によって変わってきます。

ここでは、異業種への転職を成功させるために知っておくべきポイントを紹介していきます。

異業種への転職を決意する前に確認すること

キャリアチェンジをすることで得られるメリットとは?

これまで就いていた仕事とは全く違う異業種に転職をすると、それまでには考えられなかったキャリアを選択できるようになったり、接点がなかった人達とも繋がりができて人脈が広がるというのが大きなメリットです。

人事異動やリストラなどによって意思に反するキャリアチェンジをしなくてはならないケースもありますが、前向きな転職でより自分に合った職種に出会うために決断するというかたも少なくありません。

これまでとは全く環境が変わってしまうことになっても、準備を怠らず、少なくとも前職と労働条件や給与などは同レベルかそれ以上になる仕事を見つけられれば、納得できる仕事ができるようになったと満足度が高いものになり、やりがいを感じられて転職してよかったと判断する声が多く聞かれます。

キャリアチェンジが適しているのか自分に問う

  • 憧れだけで具体的な努力をせずにやりたいと思っている仕事ではないか?
  • 今の仕事から逃げたいことが理由になっていないか?

など、キャリアチェンジをする前に自分自身に問いかけてみることはとても大切な作業。単に隣の芝生が青いというだけで仕事を変えたいと思っている人は少なくありません。

仕事が大変な時期は、とくにそう判断してしまいがちなので、自身の置かれている状況を冷静に判断し、転職の理由をよく考えてみてください。

異業種で自分の希望は満たせるのか調べる

また、就きたい仕事に関する情報を収集することも大切です。

華やかそうでも地味な作業が多かったり、体力のいる仕事だったりとイメージと違うことは多いですし、残業が多かったり給料が安かったりと、思ったとおりの仕事ではないことも少なくありません。

仕事に対するポジティブな面だけでなく、ネガティブな面も含めて本当にその職業を目指すか時間をかけて判断するべきです。

これまでのキャリアを活かせないか振り返ってみる

取得している資格や経験などがこれから就きたい職業に活かせれば、転職活動に有利になります。転職で重要なのは、企業とのマッチングだからです。

新しく挑戦する仕事に対して未経験であることがネックだと考えてしまいがちですが、だからといってこれまで培ってきたことが無駄になるわけではありません。

これまでの経験を破棄してしまわず、関連性があるものや利用できるものはどんどん利用していきましょう。

人事側としても、マッチング以外にやる気や将来性や感じれば採用をしようと考えることに少なくありません。仕事を変えて将来どんなことをしたいのかが明確であれば、未経験者の転職であってもチャンスはあります。

後悔しない仕事選びをするためには?

「少しでの深い」情報収集を徹底しよう

狙っている企業、職種に関する実態を把握するために、情報収集することは重要です。ただ、外部からではわからない実情は調べにくいもの。

ですので、転職エージェントのキャリアコンサルタントに話しを聞いたり、転職フェアに参加をして、企業の担当者と積極的にコンタクトを取ることをおすすめします。

リアルでかつ客観的な情報を仕入れられますし、それを元により現実的で具体的な転職活動を行えるようになります。

  • 企業が未経験者に求めていること
  • キャリアチェンジの成功例と失敗例
  • 実際に転職した人のその後のキャリア


こうしたことは最低限知っておきたいところです。

とくに転職エージェントのコンサルタントはこういった事情に詳しいので、企業の人事などに直接聞きにくい場合にはどんどん質問をしていきましょう。

異業種に転職するなら早いほうが有利

キャリアチェンジをする上で気にしておきたいのが年齢です。2018年現在では、30代前半くらいまでなら、未経験職種への就労は以前に比べてハードルも低いでしょう。

ただ、早いほうが転職後に昇進しやすくなりますので、なるべく20代、それも第二新卒枠で入れる年齢で判断をしておくのが賢明です。

一方で、年齢が高くなっても現職で管理職などのポジションを経験していれば、そうした経歴を認められて採用されることもあります。しかし、新しい職種でスキルを身に付けていくという点では若いかたが有利です。思い立ったら早めに行動を起こすことをおすすめします。

まとめ

異業種への転職は、今までの経験を活かした転職よりも難しいのは確かですが、しっかりと準備をすれば不可能ではありません。

また、企業の大量一括採用などのタイミングなどであれば、採用難易度は下がります。そのような時期を逃さないためにも、転職サイトや転職エージェントに登録しておくことをオススメします。