このページの先頭です

【注意】転職の時期で支払方法が変わる「所得税」と「住民税」を解説!

380views

投稿日:

転職活動で注意すべきことの一つに「お金」があります。とくに大事なのが住民税・所得税に関わること。

在職中での転職ならば基本的に所属企業が行ってくれるので問題はありませんが、退職後に転職活動をする場合は「確定申告」の手続きが必要です。

ここでは、退職する時期やあなたの求職状況によって影響が大きい「税金」の取り扱いについて紹介します。

スポンサードリンク





所得税は年末調整を受けるか確定申告をすること

年内に転職先に移れる場合

所得税は1月1日から12月31日までの1年間に働いて得た所得に基づいて計算が行われます。通常、給与を得ている場合は年末調整が行われる時期に所属している企業側が計算をするため、従業員は特に手続きをする必要はありません。

しかし、年内途中で転職をして新しい職場に移っている場合、新しい職場で年末調整を受ける際には前職の所得証明を提出して、前職と現職の双方の給与に基づいた額から所得税を清算してもらわなければなりません。

そのために前の職場から源泉徴収票を受け取って準備をしておきましょう。これによって控除対象を証明して年末調整時に差額を返還してもらったり、納めなければならない税金を支払っていきます。

年内に転職先に移れない場合

年末調整を受ける前に退職をして年内に新しい勤務先が見つからなかった場合、または新しい勤務先に移るのが次の年になってそちらでも年末調整が受けられない場合には、自身で確定申告を行う必要があります。

転職エージェントなどを利用していると、キャリアコンサルタントにも確定申告をするようにアドバイスをもらうでしょうが、そうでない場合も忘れないように気をつけてください。

自分で行う場合は控除対象の証明書を残しておくこと

原則として、確定申告は2月の中旬から3月の中旬頃に行われます。こうした所得税の控除対象になる費用を証明できる書類を提出できるように準備しておきましょう。

特に転職者の場合、次の勤務先が決まるまでの間に国民健康保険に加入することになります。社会保険料として控除対象となりますので、忘れずに申告するようにしてください。


スポンサードリンク





さまざまな納税方法がある住民税の注意点

給与から天引きされる特別徴収

住民税は通常、給与収入を得ている場合には6月の給与から天引きされる「特別徴収」という形で支払うことになります。

前職で特別徴収されており転職先に決まった勤務でも特別徴収を行っている場合は、届出書を提出して引き続き天引きされる形を取ることが可能です。

特別徴収ができない場合は「普通徴収」でまず対応

しかし、前職を退職後に資格取得の勉強をしていたり、職場探しに難航をして空白期間ができてしまっている場合、直接継続を行うことが難しいケースが多くあります。

この場合は一旦自分で住民税を納める普通徴収に切り替えておき、新しい勤務先が見つかってからそちらで特別徴収に切り替えるといった手段も取ることが可能です。

個人で納める普通徴収

普通徴収は個人が自治体に住民税を支払う方法です。特別徴収の継続が困難な場合に退職時に手続きをすることで普通徴収に切り替わることになります。

納税時期に住民票がある自治体から案内が届き、以下の4回に分けて徴収される形式になるのが通常です。

  • 6月
  • 8月
  • 10月
  • 翌年1月

最近ではクレジットカードでの支払いも可能な自治体が増えています。必ず納付するようにしましょう。

退職時期によって対応が異なる一括徴収

特別徴収の継続が困難な場合、退職時に一括して給与から差し引きができるのが一括徴収です。給与から天引き予定だった税金をまとめて支払えます。

  • 1月1日から4月30日まで
  • 5月1日から5月31日まで
  • 6月1日から12月31日まで

退職日がこの3ケースのどこに当てはまるかによって対応が異なりますので注意してください。

4月に退職をする場合

前々年の所得状況に応じて前年の6月から今年の5月に差し引かれて6月に特別徴収される予定だった住民税の残額を支払うことになります。

前年の所得状況を見て6月以降に天引きされるはずだった住民税は、既に退職をしてしまっている後では天引きが不可能になりますので、自動的に普通徴収という形を取ることになります。

5月に退職する場合

前年の6月から今年5月の間に天引きされる予定だった住民税のうち5月の1か月のみが浮いてしまう形になるため、一括徴収を取るのが通常です。

6月1日から12月31日までに退職する場合

既に来年度の納税分の天引きが開始されています。そのため、退職した後の住民税の残額を普通徴収に切り替えて納税するか一括徴収するか選択することになります。

まとめ

在職中に転職活動をする場合は、次の転職先に提出すべき書類も基本的には前職の会社が準備をしてくれます。もらえない場合はプッシュをしましょう。

自己都合やリストラ、前職の会社の倒産などによって一時的にでも無職状態にある場合は、今回紹介した税金以外にも「国民健康保険」「国民年金」などの手続きが必須です。忘れると後々面倒なことになりますので、鹿kりと対応しましょう。

転職エージェントを利用している場合は、キャリアコンサルタントにも相談をして、適した形で納税できるように準備しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です