このページの先頭です

20代・30代が転職に失敗しないベストな時期(タイミング)とは?

388views

投稿日:

20代の転職事情

若手時代の転職

20代で転職をする場合、どのタイミングがベストかというと、なるべく早くに行動を開始することをオススメします。20代はまだまだ若手の段階ですし、即戦力を求めているにしてもそこまで高い水準を求めているわけではありません。この年代に求めているのは、一にも二にもフレッシュさです。

若々しく業界に旋風を巻き起こしてくれるような、伸びしろを見い出せるような人材が重宝されるのです。もちろん、資格などを持っていればなおのこと評価されますが、20代が最も評価されるのはその若さであることを覚えておきましょう。

30代を目前に控えている場合

もしも20代も後半に差し掛かっていて、30代も見えてきている場合には少し話が変わります。まだ未経験の業種に飛び込むことは可能ですが、同業種にアタックする場合には過去の経験をアピールする必要があります。

そのため、経験を積んできた足跡を見い出せるような資格があれば積極的にアピールしてもよいですし、エージェントやコンサルタントも紹介しやすくなります。伸びしろがありながらも経験が期待できる、そんな人材だとなおのこと引っ張りだこになるでしょう。

すぐに辞職してしまった場合

よく巷で聞かれるのが、新卒後3年は我慢しろ、という言葉です。これは忍耐力がないと判断されないために、という意味合いが強いのですが、もしすでに退職せざるを得ない状況にある場合、あるいはすでに退職してしまっている場合は、すぐに前向きになることが大切です。

20代は一旦仕事から離れて資格取得に時間を割いても問題ありませんし、もう一度キャリアプランを設計し直してもよいでしょう。来るべき時期に備えて準備期間とするのも、立派な転職活動の一つなのです。そこで結果を示せば、エージェントも良い人材として企業に売り込むことができるのです。

30代の転職事情

中堅の風格を

30代になると、まだまだ若手と見られることもありますが大抵は中堅どころとして認識されます。そのため、これまでどのような経験を培ってきたか、リーダーシップを発揮してきたかをアピールできれば、20代を引っ張ってくれる存在として認識されるでしょう。

また、もしも未経験の業種に飛び込むにしても、職歴があるのならそこで培ったスキルを活かすことが大切です。大切なのはいかに説得力を感じさせるかなので、ここを怠らないように準備をしましょう。

タイミングよりも広くアンテナを張る

基本的に、30代は中途採用の即戦力として採用されることが多く、それがいつ開始されるかはわかりません。コンサルタントから情報を提供してもらっていても、常日頃から準備をしていなければその機を逃してしまうかもしれません。

月になったら始めようではなく、いつ絶好のタイミングが訪れるかわからないから備えておこう、という心構えが大切です。特に狙っている企業や業種があるのなら、そこを中心にアンテナを張る作業が必要になります。

30代半ば以降の転職

この年代になると、即戦力プラス管理職候補としての能力も求められます。業界によって若手の定義が異なることもありますが、大抵の職種ではすでに若手として見られることはないでしょう。むしろ、その若手たちをいかに導いていけるか、まとめていけるかの実績も求められます。

もし転職までに余裕があるのなら、そうした実績を一つは作っておきましょう。それだけで人事の見る目も違いますし、資格よりも実力を見てもらえます。また、企業側も見る目が厳しくなっていることは確かなので、適当に面接を受けに行くのは危険です。狙った企業を絶対に逃さないくらいの準備を施すことで、機を逃さずしっかりと捉えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です